So-net無料ブログ作成
検索選択

2015年の有馬記念 [競馬]

何もしないうちに、今年も残すところあと1日と数時間になってしまいました。

10月の牧場のお仲間たちのこと、載せきっていないのですが
順番は前後しちゃうのですが、有馬のことを・・・

ゴールドシップが、これほどまでに愛され馬だったとは。
「ゴールドシップだから、仕方ないよね」「ゴルシらしいよね」
何かやっちまっても、1番人気を裏切っても、許される(?)馬。
そんなゴールドシップ目当ての人が多かったのでしょうか、12月27日の中山競馬場は
(J〇Aの宣伝効果もあって・・・)めっちゃくちゃ混雑していました。

DSC_0711.JPG

パドックの動きが、本当にゆったりのんびりで。
よし!走るぞ!という気持ちは、どこかに置いてきた・・・そんな感じでした。

レース前、とある父子の会話が聞こえてきました。
父「おい、白い馬見えるか?どんな?」
子「歩いてるよ」
父「ちゃんと歩いてるか?」
子「うん。くるくる歩いてる。牛みたい」

お父さんに肩車された男の子のそのたとえ!まさに言い得て妙!

おそらく、白いから〝牛〟が思い浮かんだのでしょうけれども
正直な子どもの目に〝牛〟と映るほど、のんびりした輪乗りの様子だったのでしょう。
その日、そこに集まったオトナたちの中には
「今日のゴルシは牛だな・・・」と感じた人も多かったでしょうし
私も、パドックで思わず「牛・・・」と口走ってしまったクチです。

ゴルシ、最後まで笑わせてくれるなぁ・・・

DSC_0828.JPG

ゴール後は、お疲れ様、ありがとうの声援が飛び交っていました。
最初のパートナー内田騎手へも、ありがとうの言葉が・・・

引退式は・・・
レース前よりも気合いが入っていて、関係者コメントの最中にいなないて
集合写真では後ずさって列に入らず・・・の、彼らしいヤンチャさを見せていました。
でも・・・みんな「ゴルシ、わかってんだな」「やっぱ利口だよな」って
そのヤンチャさは照れ隠し、寂しさを隠してるんだって、直感していたようです。

DSC_0842.JPG

DSC_0843.JPG

DSC_0870.JPG

須貝調教師は、胸前でバツを作って撮影を諦めようとされたのですが
それを察したのか、ようやく列に加わりました。
本当に、わかっているかのようなタイミング・・・きっとわかっているのでしょうね。

強さだけでなく、その個性を愛された馬。
みんなに別れを惜しまれて、最後までらしさを忘れなかった馬。
でも、勝たなければスポットライトは浴びられないから・・・
成功し続けなければ、幸せは続かないから・・・

その他大勢の馬たちを思い、ゴールドシップの次の馬生が順調であるよう願い
年の瀬の中山競馬場を後にしました。
コメント(0) 

今月末まで [競馬]

☆ 5月31日まで 写真展開催中 ☆

5月31日までの土日は、京都競馬場で写真展が開催されています。
お近くの方、京都に足を運ばれた方、是非 “淀” へとお越しください!

JRAのホームページ上でも、しっかり紹介されています。
http://www.jra.go.jp/news/201503-02kyoto/

写真展専用Facebook
https://www.facebook.com/anoumatati


10日のNHKマイルCを皮切りに、5週連続でGⅠが開催される訳ですが
ワタシ、キャプテンベガに会いたいが為に「5月31日がダービーDay」ということを
すっからこんと忘れ去っていました・・・
カレンダーを見て「ぎゃあああああああ!!!!」と叫んでしまった・・・

オークス&ダービーだけは現地参戦を心がけてきたのに。今年は両方行かんのだな・・・

とまぁ、どーしよーもない話はおいといて。
競馬カテゴリーらしく(?)、パドック写真です。

DSC_0165.JPG

DSC_0166.JPG

DSC_0170.JPG

DSC_0085.JPG

独断と偏見で選ぶ以前に・・・
ものすごく天気がよかったこの日、びっくりするくらいピントが合わず
220枚も撮影したのに使える写真はわずか数枚・・・

DSC_0092.JPG

この写真に至っては、もうピントがどうとか、構図がどうとか、論外・・・
しかし去年8月の札幌競馬場で、彼女を捉えた唯一の写真。
今年の春天馬に勝利したのが、まさか最後になるとは。

本当は、いちファンの立場でどうこう言ってはいけないのだと思う。
彼女を取り巻く様々な立場の、多くの関係者が、話し合って決めたことなのだから。

でも、今回のことはないと思う。引退してわずか数日の間に・・・
引退して繁殖に上がった馬を、初めてかわいそうだと思った。

だからこそ、元気に生きていってほしい。幸せであってほしい。
願うことしかできないけれど、とにかく生きて。
コメント(2) 

命が無事で、本当によかった [競馬]

以前にも、書いたことがあると思うのですが。

たとえば大好きな馬がいて。
今日のこのレースを走る・・・この日観に行かなかったら、次に会える確証はない。

競馬場に足を運んだ日のパドックで。
ピッカピカに仕上げてもらったその姿・・・
今日、目に焼き付けなかったら、二度と見られないかもしれない。

そのくらい、レースは過酷で・・・命を懸けてるんですよね。


久しぶりに、馬運車に乗り込む馬を見送りました。

大好きだった馬が父で、度重なる怪我を乗り越え、長いこと頑張ってきた馬。
直線を向いた時、ここでやっと栄冠を掴み取れるかもしれないと、声をあげて応援して・・・
ブレーキをかけたのがわかった時、最悪の事態を思って・・・
馬運車へ乗り込む姿に「多分、骨折じゃない・・・大丈夫、大丈夫・・・」
根拠もなく言い聞かせながら、これが最後だという確信だけはあって
久しぶりに競馬場で泣きました。

関係者のコメントによれば「命が助かって、本当によかった」とのこと。
応援してきたファンにとって、競走能力喪失は残念なことなのだけれど
それでも、命が助かってくれて、生きていてくれて、本当によかった・・・

ウインバリアシオン 最後のパドック  第151回 天皇賞・春

DSC_0139.JPG

DSC_0163.JPG

DSC_0164.JPG

DSC_0203.JPG

クラブHPによれば、乗馬に向けて静養に入るそうです。
第二の馬生も、幸せでありますように・・・
コメント(4) 

11月最後の1日 [競馬]

あ~絶対、パドック、人で溢れてんだろうな・・・
写真、全然撮れないんじゃあストレス溜まるだけだし・・・

いいや。今日はカメラ、持っていかない。
自分の記憶に残せばいいんだもん!

なんて日に限って『なんだ、持ってくれば撮れたじゃん!』という状況に・・・
せっかくだし、ケータイで撮っておくか・・・と思って何枚か撮る。
ピントは合わないし、遠いし、本当に数枚。カメラがあれば、全頭撮るのになぁ・・・

あ。頭絡にこんな飾り、あるんだ・・・っとっと、タイミングが合わないわ~(汗)

141130_1518~01.jpg


競馬は美しいけれど、儚くて切なくもある。
今日会わなかったら、二度と会えないかもしれない。だから競馬場へ会いに行く。
さっきまで元気に目の前を歩いていた馬が、生きて帰ってこないかもしれない。
とても怖いことだけれど、でもそんな覚悟をどこかにもって、競馬場に足を運んでいる。
本当はそんなこと、考えたくはないのだが。
でも、いつも、必ず、全頭無事にゴールして欲しいと願って、レースを観ている。

海を越えてやって来てくれた馬が、故郷に帰れない。
日本のファンが、海外遠征で命を落としてしまった自国の馬を想うように
この子にだって地元にファンがたくさんいるだろうに、と考えると、悲しい。

どうかどうか、安らかに・・・トレーディングレザー号。
メンバーも豪華で、勝った馬も素晴らしかった。
けれども。2014年のジャパンカップは、悲しいレースになってしまったな。
コメント(6) 

過去データの中に… [競馬]

懐かしい写真を発見しました

なんだかもう、あったはずの写真データが見つからない中
ものすごく懐かしい日付のフォルダを発見しました。

2005年5月5日の船橋競馬場
かしわ記念

ちゃんと写っていたのはこれだけでした。

05050018.JPG

ドンちゃん!!アンカツさんが騎乗しているっ!

気合入れて応援に行ったんだよ。思えばこれが、引退レースだったんだね・・・

弟は、ドンちゃんが引退した数か月後、入れ違いでデビューしましたよ。
今はもう、走っていませんが。

ドンちゃん。韓国で、元気にしていますか?
大事にされていると、信じています。

アドマイヤドン・・・根性ある走りだったよね。
2歳チャンプになって。クラシック全3戦走って。
芝もダートも走って。両方のGⅠを勝って。すごいよなぁ・・・

私ね、中学の頃飼ってたリスの名前が「ドン」だったんだ。
まぁ単純に“どんぐりのドン”だったんだけど・・・(笑)

だから、キャプテンベガのおにいちゃんってことだけでない親しみがあって
「ドンちゃぁぁぁ~ん」って最後の直線でよく叫んだっけ・・・・・・

なんて、話しかけたくなりました。
コメント(0) 

クリスマスイブも馬三昧 [競馬]

今年(と来年)は、休日の関係で
有馬記念の翌日も競馬が開催され・・・

昨日が総決算だったはずの2012年の収支は
本日のハッピーエンドカップとファイナルステークスに持ち越し。

ハッピーエンドだぁ~!と叫べるほどではないけれど
3連複が100円的中・・・しかし、オーラスが見事に外れました(笑)。

2008年と2009年のファイナルステークスには
キャプテンベガが2年連続で出走しました。
「そうか、お前はここで、今年最後、いい思いをさせてくれるのか!」
と欲をかいたことを思い出し・・・いやいや、その年を締めくくる
本当の最終レースに出走してきてくれたことが、嬉しかったっけなぁ・・・
懐かしく思い出しました。

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今年は22年ぶりに芦毛の、しかも3歳馬が有馬記念を制しましたが
パドックでの彼は、まさに不気味なほど大人しく、落ち着いていました。
20121223ゴールドシップ.JPG
☆ 22年前の芦毛の怪物と比べ、かわいらしい顔立ちの怪物 ☆

対照的に気合い充分!!古豪の7歳馬。
有馬を最後に引退だったっけ・・・
そう思ったら、彼が競馬場の景色を目に焼き付けるようにして歩いているように見え
『とにかく無事に、がんばれ~~』と願わずにはいられませんでした。
20121223オウケンブルースリ.JPG
☆ あたりを見回しています ☆

先頭でゴールした馬を迎えた関係者の方は
彼の首すじをポンポン叩き、なで、頬を寄せ、本当に嬉しそうで・・・
きっと、勝ったことより、無事に帰ってきた・・・
これが一番嬉しいんじゃないか、なんて想像しながら見入ってしまいました。
2012有馬記念優勝馬.JPG

来年もケガのないようにがんばって、ゴールドシップ。
長い間お疲れ様でした、オウケンブルースリ。
ドラマのように劇的に、引退を飾れる馬ばかりではない。
けれど、種牡馬になった後もどうか、幸せでありますように・・・
コメント(4) 

いざ中山! [競馬]

仕事にはまだあと数日行かなくちゃいけないのに
この日を迎えると「あぁ今年も終わったわね」と思ってしまう・・・
有馬記念!

若かりし頃の夢は「徹夜で入場を待つ列に並ぶこと」だったけれど
始発でゴー、が精一杯だったなぁ・・・
それが徐々に、昼前に出発するようになり、昼過ぎになり・・・(苦笑)

今年はちょっと早く行こうかな。

全頭が無事にゴールまで駆けてくるように祈りながら
年の瀬の競馬場の熱気に浸ってきます。

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

去年の有馬はクリスマス当日、新旧の主役が交代した日・・・

20111225オルフェーヴル.JPG

20111225ブエナビスタ.JPG

この年の三冠馬と歴戦の女王との対戦は、ニューヒーロー誕生に軍配・・・
小雪が舞い散る中、オルフェーヴルの表彰式が行われました。
最終レース終了後には、女王ブエナビスタの引退式もあり
真っ暗になってもたくさんのファンが居残って、彼女の旅立ちを見送りました。

ブエナパパのスペシャルウイークとの出会いは競馬を始めたばかりの頃・・・
彼は、初めて好きになった馬でした。
コメント(0)