So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

御礼参り [気持ち つぶやき]

3年前の社会福祉士の試験の時も、今回の試験でも
自分と同時期に受験を迎える大切な友人のこともお願いをした、湯島天神。

20170316_170452.jpg

ありがとうございました。
突っ走る力と、立ち止まる勇気を見守ってくださって・・・

私が大学を受験した時は、とにかく地元から離れたかったし
浪人しても自分は絶対に勉強しないだろうと・・・
あこがれの志望校には受からないと確信があったから、
目の前の受かった学校に入学してしまった。
18やそこらの自分は、立ち止まって考えるなんて、先が見えなさすぎて出来なかった。

でも、年齢なんて関係なく、若くても自分がやりたいことを漠然とでも描けていれば
「今進もうとしている道、何か違うな・・・」ってことに気付けるのかもしれない。
軌道修正しようとする勇気、心から尊敬する。
いつか心定まって、思う道を進めますように・・・

で、ヨワイ四十のオバハンは、ようやく〝この道〟を見つけ出したところで
天神様に「今後とも精進していきます」と誓いを立てただけに
サボらずがんばっていこうと思いまーす!
コメント(0) 

生まれ変われるか? [気持ち つぶやき]

おかげさまで、試験の結果は合格でした。

20170315_211711.jpg

気に掛けてくださっていた皆さま方へ、心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。


なんだかんだ、月曜あたりから落ち着かず、今日の午後は休暇をもらいました。
また今回も厚労省に行って、直接名簿を見てこようかな・・・

なんて余裕はなく!2家庭3人分の確定申告を絶対に終わらせなければならず!
ソッコーで家に帰り、ちまちま書類を作っていました。

学校のレポートはすべて締切当日の消印で提出し
確定申告も締切当日の消印で提出・・・

こんなハズではなかったのに。もっと早くやるつもりだったのに。
なんでだ~?なんで当日になっちゃうんだ~!?!?

郵便局に持ち込んでいつものごとく「今日の消印ですよね?」と訊ねると
『大丈夫ですよ。これ、今日までですもんね』と言われ
「は、はい・・・そうです・・・おねがいしま~す・・・・・・」と答えるワタシ。
封筒のあて先が税務署だったので、ピンと来たのでしょう。ははははは。

もうこの先、こういうハラハラドキドキはいやだわ。
ハラハラドキドキったって、いいカンジの高揚感じゃないもの・・・
脳ミソは刺激が似てるから勘違いするんだな、うん。

この先は、前もって準備して、締切前に完了できるように・・・
ヨワイ40を過ぎて何言ってんだよ、って感じですが、
きっと今からでも、意識すれば生まれ変われるハズ!
意識すれば・・・そう、意識しないと。
自分がやっていることを、ちゃんと自覚しないとダメなんだよな・・・

ぼっちゃんにデカい顔するためにも、ちょっとでも成長していこう!
がんばるよ、ぼっちゃん!

・・・あ!明日持ってく履歴書書いてないや!!!
やべ~確定申告の陰に隠れて、すっかり忘れてた!
うーーむ。生まれ変わるのは明日以降だな(爆)。
だからぼっちゃんにナメられるんだな(涙)。
コメント(2) 

どうかしてるぜ [気持ち つぶやき]

3月3日の浦河は風がとっても強くて
晴れ間が出ても「さぶッ!!」とうなりたくなる日でした。

ぼっちゃんは気ままに、生えてきているかどうかもアヤしい草を探して
歩き回っています。そんなぼっちゃんを眺めつつ
「あ・・・立ってるから寒いのか。座って風の当たる面積を小さくしよう」
と思い、さらに
「草をまとえばあったかいんじゃないか?」

20170303_142016.JPG

そうしてみました。
ぼっちゃんの草ボックスの脇に足を投げ出して座る、の図。
写っている黒い影は長靴の先っちょです。

20170303_141341.JPG

ぼっちゃんを見上げてみる。

20170303_144339.JPG

ぼっちゃん、呆れて立ち去る、の図。

20170303_144450.JPG

視点が違うと、ふだんとは全然違う景色が見えます。

ベガやん、ず~っとそうやって草を探しているのね。
びゅんびゅん風が吹いていても、あんたの身体はあったかいもんね。
私も、あんたの食べ残した草のおかげであったかいよ。

風が吹く音だけがごうごういっている、だけど余計な物のない、静かな場所にじっと座って
べがやんの様子をぼんやり眺める。ヤツは気にするそぶりもなく。
・・・平和だ。

こういう中で、あんたは生きてるんだね。
深呼吸して、何も考えず、ただベガやんの姿が目に映っているだけの時間を過ごす。
なんでここは、時の流れがこんなにゆったりしてるんだろう・・・

そうこう思いながら、草に埋もれて45分くらい座っていました。バカか!私は!!
怪し過ぎるぜ、どうかしてるぜ・・・・・・けど、風邪ひかないのはもっとどうかしてるよな。

どうかしてるコンビ↓

20170302_141549.JPG

20170302_141554.JPG

あ~なめられてんなぁ・・・まぁ仕方ないか。
何があってもおまえの馬生の最後の最後まで、付き従うのがしもべの役目だもんね。
しっかりお供させていただきますよ、おぼっちゃま!
コメント(0) 

Hello,Dear!! [牧場のお仲間]

はじめまして、ディアちゃん!はるみさんに拾われた、超強運の持ち主。
シロちゃんとあなたのしのぎ合いは、噂に聞いていましたよ。

20170302_131923.JPG

おすわりはできるようになったの。

20170302_131927.JPG

でも、きになっちゃうの。

20170302_131930.JPG

しろちゃんさん、おぬしにはまだまだまけぬぞ、っていってるみたい。

20170302_131931.JPG

あたしだってまけないよ!

あーあ、身体が斜めっちゃってるし。仔犬のあなたは、はしゃぎたい盛りなのね。
引き手を持っていられない勢いで動くのも、ぶっ飛んでっちゃうのも
何でも噛みたいのも、なでくり回すうちにお腹見せちゃうのも〝仔犬あるある〟だよね・・・

20170303_101703.JPG

おお!ベガやんとご対面!!ディアちゃん、氷の上に素足・・・

20170302_152509.JPG

ベガやん、ちょっぴり緊張中。
ディアちゃんが予期せぬ動きをすると、ビビっちゃうのよね。
オッサンでも、馬の習性(プラス、特にビビりな性格)だから、仕方ないか。

20170304_100118.JPG

馬ってホントに好奇心が旺盛ですね。
オーちゃん、離れた所にいたのに、いつの間にかじっと観察していました。

そう!2日の日に一緒に浦河へ帰ってきた、高校を卒業した上のおねえちゃんが
シロちゃん&ディアちゃんのおさんぽを、ずーーーーーーーーっとしてあげていました。
もう、ずぅーーーーーーーーっと!!ほんとうに、心やさしいおねえちゃんだなぁ。

それにひきかえ、このオッサンはよう・・・

20170304_100215.JPG

何でも噛みたくなるトシじゃねーだろーがよー
ヨダレでベッタベタにしやがって。しかも、手首をぐぅぅぅっと噛みやがって。
時計の上から噛んだら痛いって、わかっててやったのか?
いくらダウン→厚手のセーター→ウルトラ極暖ヒートテック→ヒートテック→軍手があっても
オマエの臼みたいな歯は地味に痛いんだよね・・・

そろそろ落ち着いてさ、ディアちゃんがお腹見せてくれたようにさ、しもべに降参しようよ・・・
コメント(0) 

覚悟 [気持ち つぶやき]

リンドショウグンが亡くなったと、次男さんのFacebookで今、知りました。

20170302_122256.jpg

3月2日(木)お昼のショウグンさま

牧場のブログにアップされたショウグンさまの病状は、この日に教えてもらいました。
ひどく悪化した時の呼吸の様子などは、自分の息が詰まるような気持ちになりました。
その後持ち直し、浮腫んだ脚や胸前も、これでも良くなったのだと・・・

目の前に、がんばって生きているショウグンさまがいる。
痛いのか、苦しいのか・・・全然態度に出さない。
ガマンしているのかな・・・それとも本当に楽になっているのかな・・・

20170303_092035.jpg

3月3日(金)朝9時半頃のショウグンさま

日が当たると、浦河なりに暖かく(だって、気温一ケタなんですもの・・・)
ショウグンさまはウトウト。

この後すぐ、ショウグンさま宛の宅配便=にんじんが届きました。
すごい!!ちゃんと『渡辺牧場 リンドショウグン様』って書いてある!!
ショウグンさまのことを想い続け、見守り続けていらっしゃるファンの方が
定期的に差し入れをされている、と伺いました。

しかも、ただのニンジンじゃなくて、ショウグンさまのパワーの源になるよう、
願いを込めていらしゃることが一目でわかる品物でした。

体中が浮腫んでしまっているだけに、ガツガツ食べて誤飲してしまったり、
飲み込みづらくて詰まらせてしまったりする危険は、避けなければなりません。

でも、ショウグンさま。ニンジンが目の前に現れたらきらり眼が輝いて
もぐもぐもぐもぐ一心不乱に、あっという間に平らげてしまいました!
食べられる元気のあることが、嬉しかったです。

20170304_091121.jpg

3月4日(土)朝9時半頃のショウグンさま
この日は雲が多めで、時折小雪が舞っていました。

今回、ショウグンさまを撮影したのは、この3枚だけです。

一生懸命生きているショウグンさまに、カメラを向けるのが憚られたのです。
だからといって、声だけ掛けておしまい、というのも違う気がして。
ちゃんとカメラを向けつつ、でも失礼がないように・・・と考えたら
パシャパシャ撮らないことくらいしか思いつきませんでした。

そしてもうひとつ・・・
なるべく腫れが目立たないよう、キレイなショウグンさまを撮るのがいいのか
今のありのままの姿を収めるのがある種の礼儀なのか・・・
あれこれ考えました。結果・・・

「私は、毎日お世話をしている人間じゃない。今回たまたまこの時期に訪問して
今、たまたま見た事を『ショウグン、がんばっています!』なんて伝えるのは、何か違う。
病状をレポートするような記事は、そもそも書ける立場じゃないのだし。
ここでは〝いいカンジのショウグンさま〟を伝えるのでいいじゃないか」

「牧場さんが一丸となってリンドショウグンの命に向き合っているその場に
たまたま居合わすことが出来た私が書けるのは・・・
渡辺一家がどれだけ手を掛け、気を掛けて馬たちに向き合っているか・・・
取れる手だては全て試し、工夫をし、諦めないで挑んでいる姿しかない」

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

馬の年齢、食いの良しあし、体調で、全ての飼い葉の内容が違います。
あの広い放牧地で、草をしっかり噛めずに吐き出している馬を、的確に把握されています。
歯に原因があるとみれば、すぐに手入れをしてくださいます。

白い部分の多い馬は皮膚が弱いので、ちょっと泥が付いただけでも洗ってくださいます。
濡れタオルで拭くだけでも大丈夫そうなのに・・・
次男さんはそうした馬を全て洗い場に連れ出し、温水シャワーで洗ってくださいます。

少し歩様が悪いかな?という馬は、すぐに夫妻で確認されます。
バンテージの巻き具合を変えてみよう、といった対応を、すぐにしてくださいます。
気になる馬がいれば、ほとんど寝ずにチェックしていらっしゃいます。

見守ってくださる方がいる馬の命を預かっている責任・・・そうおっしゃいました。
牧場の仕事に携わっている方が読まれたら「当たり前」とおっしゃるかもしれません。
仕事の質からいって、そうなのかもしれないけれど・・・

でも、私には、こんなに大きくて敏感で力のある動物を・・・
いくら好きでも10頭以上も、しかもほとんどがケアを必要とする高齢馬を、
すべてに見落としがないように面倒を看るなんて、不可能です。
現実問題、キャプテンベガ一頭すら世話出来ず、お願いしているのですから。

でも、後悔したくないなら共にいなくちゃダメだと思うので
いつか必ずそばに行くと・・・行けると信じて今、生活していますが。

まだ息が出来ているのに・・・心臓は動いているのに・・・と思えば、
誰だって生かしたい、生きていて欲しいと願うでしょう。
でも、口をきけない彼らだからこそ、痛い、苦しいと言えない彼らだからこそ
こちらが察してあげなければいけない瞬間があるのだと思います。

その瞬間を、毎日毎日休みなく馬を看ている人たちが見極めたのなら、
それはきっと、馬がそうして欲しいと祈った瞬間と重なっているのだと・・・
私はそう信じています。

リンドショウグン、今回会えてよかった。ニンジン食べてくれて嬉しかった。
もう苦しくないよね。脚も重くないよね。首回りも痛くないよね。
何も気にすることなく駆け回って、先にそこにいるみんなと楽しく過ごして・・・
でもって地上のみんなを守っていてね。
コメント(2) 
前の5件 | -